ベイビーサポートの副作用について

ベイビーサポートの副作用について

 

ベイビーサポートは産み分けをしたい方の為の産み分け潤滑ゼリーです。

 

このゼリーを使用するにあたって、副作用が気になる方も多いと思います。

 

体に直接入れるものてすので、心配になりますよね。

 

女性や赤ちゃん、男性に副作用がないのかどうなのか成分などご紹介します。

 

入っている成分は、水、プロパンジオール、乳酸、ヒアルロン酸Na、チャ葉エキス、カルボマー、ポリアクリン酸Na、塩化Na、BG、アルギニン、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベンの14種類です。

 

保湿や抗炎症、消臭、増粘剤、PH調整、防腐剤で100%天然成分でできています。

 

カラダに無害なものばかりで、日本食品分析センターが行った試験でも問題ないと報告されています。

 

体内に吸収される量も少ない事から安全性は高いです。

 

副作用も販売されてから報告はないとの事です。

 

口や目に入っても害はないと言われています。

 

産み分けゼリーは、腟内の酸性度をコントロールするのですが、使用する時に、腟内が酸性かアルカリ性かどっちかという事が重要です。

 

酸性であれば女の子ができやすく、アルカリ性であれば男の子ができやすくなるので、性交時に腟内に入れて使用し、酸性度をコントロールするという仕組みのゼリーです。

 

ベイビーサポートは、ゼリー自体も容器も袋、外箱まで全て日本製なので安全安心です。

 

 【知らなきゃ損】ベイビーサポートの口コミと効果!確率や成功率・失敗しないためには?
page top